mkm.txt

ミステリや恋愛ゲーム系の感想をゆるっと書いているブログ

謎解きLIVE~ホームズ特番~SHERLOCK_S4/視聴前雑記

(放送前や発売前の作品について書きたい気持ちが高まってたので新たにカテゴリを作りました)

謎解きLIVEまた放送するのを昨日知りました……
BSプレミアム結構観てるんですけどCM全然見かけなかったので、もしかしたらSHERLOCK視聴待機の時に初めて気づくオチになっていたかもしれない…

www.nhk.or.jp

今回はシャーロック・ホームズコラボということなのでドラマにもホームズ要素が多いのでしょうか、楽しみ~!
プレミアムメンバー試験、ひとまず1.5問くらいまで行ったのですが最後(多分)の問題がわからない……また時間作って解きたいと思います…放送までには……。
謎解きLIVE、番組制作(と参加者が年末に2夜連続で視聴すること)が難しくて…という話を前回分放送前後に公式サイトか何かで見かけていたのでしばらく放送しないと思っていたのですが、2夜連続の本気版でなくても今後も小刻みに放送があるといいなぁ。

www.nhk.or.jp

NHKのサイトを見ていたら、7/8の夜はまるごとシャーロック・ホームズって感じなんですね。ホームズ登場130年記念で色々な企画があるようで嬉しい。
謎解きLIVE(出題編)、ホームズ特番、謎解きLIVE(回答編)、SHERLOCK_S4-1と、精神力が保つのかわからない…特にSHERLOCK……
S4は絶対ネタバレしないで観た方がいいとか精神的にキツいとかって話をちらっと聞いたので怯えてます。S2-3よりキツかったらどうしよう。

あとは同企画で7月5日に放送する『シリーズ深読み読書会』も楽しみです!出演者が豪華でびっくりしました。

とりあえず謎解きLIVEの日はじっくりテレビを観られるように体力を溜めておきたいと思います、感想も視聴後書けたら。

怪しい店/有栖川有栖

読んでしまうのが(初読の作品が減っていくのが)もったいなくて我慢していた作家アリス短編集。
いつもの殺人事件捜査に関わる話と、倒叙ミステリ・日常の謎解き系どちらも楽しめた一冊でした。ミステリとしては『古物の魔』が一番好き。

日常の謎解き系の『潮騒理髪店』は血生臭いミステリではなくて珍しい感じ。
作中でも配役の話を冗談でしていますが、火村の体験をアリスが脳内上映・執筆したって体で読むと、火村とアリスの長年の関係があるからこんなに面白くなるんだろうな~と。(いう妄想をしました。)

『ショーウィンドウを砕く』はドラマで既に見ていたので社長のモノローグが全て宅麻伸で脳内再生されてしまった…。
ドラマの火村は(狂気を孕んだような)危うさが倍増して描かれていた気がするので、最後の「~決行が一日遅かったな」が火村が実際に発した発言のように感じたけど、犯人が火村の目を見て感じたことだったんですね。
作家アリスは「犯人側から見た火村」の描写がとても好きです、火村の内面にある昏いものに犯人の心理が呼応することもあるのかなあ、とか。
今回は『怪しい店』のコマチとアリスの会話のなかでアリスの火村(とその内面や研究)に対する気持ちが語られているのもあって、火村&アリス大好きな人間としてとても良かった~。

有栖川有栖の小説は街の描写が好きなので『古物の魔』も骨董市の描写とアリスがウオマサで切り子を購入するまでの流れも楽しめました。現場に行くときの電車とか風景の描写も好きです。

そして烏賊川市キャラ登場の東川篤哉の解説、同人的なノリを感じた…クロスオーバー系になるのかな、面白かったです。

サヴィル・ロウの誘惑/イノセ


バナー広告で年上テーラー×真面目靴屋というのが気になって購入。
最近商業BLは作家買いのみだったので新鮮でした。

学生の頃から憧れていた、幼なじみの作る華やかなスーツ。でも親子三代頑固家系で堅実な靴しか作れない自分。
そんな憧れともどかしさのなか、蛍と関係を重ねるごとに、作る靴の中に蛍の色気が移っていく、っていう流れが凄く好きでした。
(最近読む本、攻めが指導と称してエッチ仕掛けてくるの多いけど、シチュエーションが好きなんだろうなあ…)

靴に蛍の雰囲気が移ってきたことを家族に言われるまで気づかなかった仁の鈍感さも好き。
宝飾関係の志摩の登場に、もっとガッツリ仁に手を出しちゃうのか…?と思ってちょっとワクワクしてましたが完全にギャグ要員でしたね…
その後は「靴作りのためだけに抱かれているんだろうな」からの「蛍の告白」という流れでハッピーエンドです。
関係を持ち始めてからとその後の仕事エピソードももっと見てみたかったなと思いました。


今回久しぶりに新たな商業BL作品に手を出してみて、「エッチシーンが男性向寄りに描かれたBL」が苦手なのかも…??ということに今更ながら気づきました。
男性向だと喘ぎ声とか効果音から始まって局部アップ・成人漫画特有?のコマ割りがある漫画が大好きなんですが、BLで出てくると若干引いてしまう模様。
そういえば作家買いしているBL漫画も情感系のエッチシーンだったし、小説も長野まゆみの情感系BLが未だに好きだ……としみじみ思ってしまいました。少女漫画寄りのBLが好きなのかもしれない。