mkm.txt

ミステリや恋愛ゲームetc.の感想をゆるっと書いているブログ

霜月先生の甘くない恋愛講座(1)

勉強ができてみんなの恋愛相談にうまく答えてるけど、実は彼氏ができたことがないことを悩んでて…という主人公愛理が、お母さんが勝手に見つけてきた家庭教師の霜月先生に恋愛指導を受けるお話。
 
プランばっちり立ててきたりお店のことを沢山調べてきて臨むデート、最初のうちは言うほど悪くないんじゃないか…って思ってたんだけど、段々愛理の強引感に引いてしまって読み進められるか不安でした…が、霜月先生の指導を受け始めてからは必死に頑張る姿が可愛い~~~~って思えてきました。
気を利かせようとした結果全く相手のことが見えてないとか、霜月先生の指摘がすごい的確。
愛理も「周りに魅力的な男の子がいないんじゃない、加点方式で見てないだけだ!」って霜月先生に教えられてすぐにクラス男子全員分の良いところリストを作っちゃうとか、努力の方向と熱意が…すごい……。
 
大学生×女子高生って相手がもの凄く大人に見えるんだろうなー。
でも合コンでうまく立ち回れず暴走した愛理を助けるところとか、霜月先生も冷たいようでいて優しい。空回りを続けて落ち込む愛理に、きみが頑張っているのを自分は知ってる、って言っちゃうのも優しい。
そんなところが好きになっちゃうんだろうなーわかるわ……って思いながら読んでた。
 
最後に告白した結果がどうなるのか気になるし、他の男の子とかも登場するようなので2巻が楽しみです。
 
あと霜月先生の親戚の大家さんがめちゃくちゃ気になります、好みだ……

シン・ゴジラ

先日の地上波放送でシンゴジラを初めて観ました。
シンじゃないゴジラも観たことがないので、初めてのゴジラ
ただ冒頭20分くらい観れず、私がテレビをつけたときには大きいゴジラになってたのが残念…

一番の感想は、パニック映像が苦手な人は観ちゃいけない作品だった…ということ。
同じようなことが起きたときに自分は冷静に行動できるんだろうか。一人だったら、家族と一緒だったら、もし自分に子供がいたら…家族と自分を守れるんだろうか。
逃げる人々と炎に包まれる都内を観ながらそんなことばかり考えてしまった。

<以下ネタバレ有>

続きを読む

2017年9月まとめ

感想が下書きでストップすることが多くなってきたので月末まとめ記事を書いておくことにしました。

江神二郎の洞察 (有栖川有栖)
奉仕委員のおしごと(胃之上奇嘉郎
7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー(綾辻行人、他)
金田一少年の事件簿R(13) (さとうふみや

映像

ほんとにあった!呪いのビデオ 73

雑記

深夜廻(日本一ソフトウェア)の初回版を買いましたがまだ未プレイ。
vitaのゲームを諸々積んだまま気づいたらモンハンをやっている日々でした…

とても期待していた死印をぼちぼちプレイし始めたのですが、序盤でダレてしまって進められない…
探索システム(マップ移動)がロンパのような校舎内を走り回れるタイプだと思っていたらタイル状マップを一つずつ進んでいくタイプで、ストーリー楽しむ前に探索がちょっと面倒に感じてしまって。
あとデッドリーチョイス、面白そうなシステムだな~!と思ってましたがBAD選択肢で即死→ちょっと前から再開になるのが…面倒……

もう少し進めていくと楽しくなってくるんでしょうかこれは……