読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mkm.txt

ゲームや小説の感想と壁打ち

ほんとにあった!呪いのビデオ~THE MOVIE~

ホラー

演出補システムになる前の劇場版。中村さん白石さんが調査パートを担当してるので今となってはかなり新鮮。

監修・ナレーション: 中村義洋
演出・構成:白石晃士

原さんという突然亡くなった男性を中心に、観た人が何かしらの不幸に見舞われるという1本のビデオ(ほん呪2に収録)を巡る話。
最近の作品に比べてかなり淡々と進むので、ちゃんと観てないと話の切れ目がわかりにくいですが面白かったです。

映像を見て不幸に見舞われた人のインタビューが神社や工場夜景の前で行われているのがとても好きでした。背景カット入れつつ手前の丸椅子に座った人を映すやつ。
こういうのどこかで観た気もする……中村監督作品にあるのかな。何かのアニメでも似たようなカットを観たような、神霊狩
たぶん背景やキーになるものをパッパッて映していく手法が個人的にめちゃくちゃ好きなんだと思います。

ほん呪2絡みだけで終わっちゃうの…?!って思っていたら原さんが過去拾ったビデオも絡んできて安心した、VHSはモノの古さとかが画としてわかりやすくていいなあ。ホラーはやっぱりVHSが好きだ。
あとみんなそのへんに落ちてるVHS拾いすぎでは…?!
とはいえ「自分で撮影したものに霊?が」っていうよりも「偶然手にしたもの/ふれた物から穢れがうつる(残穢的な)」ほうが面白みを感じますよね…私は好きです。

中村さんの体調エピソードについては「休んで…!!」って思いながら観てました、映像制作系も結構大変なんだなあ。


こういう古めのほん呪を観る度に、VHSレンタル最盛期にハマってみたかったな~!って悔しくなります。
観たら呪われる系エピソードってやっぱりネットやSNSが浸透してない昔の方が多かったんだろうなと思うし、リアタイで体験してみたかった。