mkm.txt

ミステリや恋愛ゲーム系の感想をゆるっと書いているブログ

作家小説/有栖川有栖

『作家』を主人公にした短編8本。
有栖川有栖はミステリしか読んだことがなかったので、てっきりミステリなのかと思っていましたがホラー風味だったり真犯人を明示しないお話だったりで新鮮でした。
(ここではホラー…なのか…?と悩んでミステリカテゴリにしています。)

一番好きだったのは『書かないでくれます?』と『サイン会の憂鬱』です、『夢物語』も何度か読むとハマりそう。

気になったお話の感想をちょっとずつ書きたいと思います。

殺しにくるもの

本を読んだ人、感想を書いた人を作者が殺してまわっていた…という話だと理解しましたが、読者をどうやって割り出していたのか(感想の手紙や日記サイトで?)、殺害手順(主に移動面)など、普段の推理短編集だと解決される部分が全く明かされないままなので、ちょっとだけもどかしさを感じます。

サイン会の憂鬱

そんなに売れていない作家が編集部都合で地元の小さな書店でサイン会をすることになって…
というお話で、『地元に戻りたくない気持ち』『編集に従わざるを得ないやるせなさ』みたいなものが題材なのかな…と思っていたら、段々狂気じみてきて、語り手の主人公が見ているのは現実なのか妄想なのか、夢なのか…?という展開になるのがとても好きでした。
最終部で、夢オチか…と思わせておいて、殺した話だけは本当だった、というのも好き。

書かないでくれます?

雪女伝説の、『自分のことを誰にも話さないこと、と伝えていたのに、のちに結婚した相手(雪女自身が姿を変えていた)に語ってしまい激怒される』という部分をベースにしたお話。
和久井さんが出てきたあたりでオチはだいたい読めてしまうのですが、時々描写される運転手の口元のカットなどを映像で見てみたいと思いました。

夢物語

夢の中から出られなくなった作家が『物語』の存在しない世界にやってきて、シェイクスピアや昔話、映画など記憶にある物語を語ることで英雄扱いされる…というお話。
オチについて幾通りか(少なくとも二通り)の解釈ができるようになっている、と文庫版あとがきにありましたが、いまいち読み切れず…検索したけど考察も見つからなくてもやもやしてます。

彼女の最後の言葉、『とても…素晴らしい物語だわ』という部分。

  • 彼女は『物語』というものを、主人公が語っていたものが自作のものではないと知っていた。
  • 主人公の決死の独白も、彼女にとっては『物語』だと理解された。

このあたりなんでしょうか……
もっと何度も読めばわかるのでしょうか……うーん。